岩松勇人が成功するための起業知識を伝授

成功するための起業知識を岩松勇人が解説しています

自在にひらめこう

Business to Businessは、企業対企業の商売で、商品やサービスその他の取引です。 起業して整備する意味は、成長企業になる第一歩でもあります。 日本では独自に、関係先や取引先が限定されていることが多く、外国より十数年遅れているとする意見もあります。

続きを読む

BtoBにおいて

岩松勇人の物事の考え方としては、縦軸横軸時間軸を自在に飛び回るひらめきを大切にすることが弛みない商売に役立つと考えているようです。
考えもなく、行き当たりばったりではうまくいくはずもありません。
また経験も年々増えてきますが、自分自身の掴んだ糸口から成功に導くためには投資も限定して人知れぬ地道な努力が必要です。
米国大手コーヒーチェーン店の元会長は、その会社に転職後イタリアのミラノのエスプレッソバーに立ち寄った時に、店内でコーヒー職人であるバリスターと客との生活感の延長で交流と寛ぎを演出している芸術家のようなやりとりに魅せられ、翌年にその会社で初めてエスプレッソバーを新規開店し成功して、独立し成功したのちに、創業者から売り出された前身の会社を買い取った経緯があります。
そのいきさつから、現在もどこの国でもそのコーヒーチェーン店で、コーヒーを注文して作業を見ていて受け取り飲むことで、客として体験できることは素晴らしいと岩松勇人は考えます。
前身の会社の名前に変え、当初から広告に頼らずブランドの育成が実現可能になったのは、コーヒーの一連の品質がエクセレントであったことは良く知る事実です。
社長は、提供するバリスターの質が保たれなくてはいけないので施策を行ったそうです。
それは会社のミッションを従業員に知ってもらうことでした。
従業員に、世界最高のコーヒーの提供をしているというプライドを持たせました。
そして社員が顧客と交流を重ねることで、会社やブランドへの顧客からの信頼が培われたと、とらえられているそうです。
本サイトでは、成功するための起業知識を岩松勇人が伝授いたします。

作業工程のこだわり

その元会長は、前職の北欧家具会社に在籍していた頃、米コーヒーチェーン店側から手作業で淹れるタイプのドリップ式コーヒーメーカーを大量に発注したことから、その店の未知の味の濃いコーヒーがきっかけで、探索すべき領域をマスターしたくて働く人たちの情熱も理解できて、魅せられたそうです。

続きを読む

噴火寸前はまずい

起業に際して、お金のことを管理し運転資金のやり繰りや資金調達を理解して、適切に財務の専門家を使ってでも会社運営をしていける人材は必須です。 今どきのセンスを備えた税理士でもすべて丸投げする訳にはいきませんし、経営者が得意だとしてもずっと伝票整理している訳にもいきません。

続きを読む