成功するための起業知識を岩松勇人が解説しています

>

自在にひらめこう

新規顧客開拓の施策

BtoBにおいて、既存の顧客だけを対象にして商売をするのにも限界があるため、新規顧客の獲得するための施策が必須です。
大きな会場での展示会やセミナーを通じてダイレクトに商談の機会を得たり、またリスティング広告、テレマーケティング等もあり、対象の企業に直接アプローチする機会から集客につなぐ方法を取ります。
展示会の後のフォローの計画も必要です。
事前に、計画を綿密に設計して、準備も周到にしなければいけません。
名刺やアンケートを収集するにしてもデジタル化しない訳にはいかず、お礼のメールも配信するべきです。
データ化したリストからは、競合企業や地域外は排除して最新化することが必要です。
マッチしない場合は無駄になってしまいますので、事前の情報解析が大切です。

企業と個人の商売との違い

BtoCの場合は、インターネットが不都合な人や高齢者等に向け、詳しい説明などをする電話での窓口を望むケースも多いですが、企業の場合は違います。
消費者向けに満足度を上げるための方法として、実際に直接消費者に話しかけてコミュニケーションを取りながらニーズを探るメリットもあります。
企業は人脈を使ったり、ウエブサイトでの集客情報の解析をして、抽出から電話で直接確認するなどして営業活動をする施策が必要ですが、個人はユーザー情報が有効です。
会社が大きくなれば、企業相手に営業やマーケティング等の各部門に分かれて商談を進めていくところもあり、組織や経営者によります。
市場がIT化され、企業の商談やその機会も合理的に効率的に変わっていくのかもしれません。


この記事をシェアする